しのびまちこ・現実逃避夢日記
コミックエッセイ・4コマ漫画で無駄話ぼろんぼろろん垂れ流し中
プロフィール

しのびまちこ

Author:しのびまちこ
イラストレーター・漫画家
主に日常切り売りコミックエッセイ描きの哀愁漂う三十路。
うるさい音・いろ・かわいい・くだらないもの・動物・アニメなどを愛す。
行ったり来たりしてるけど基本くされたオタク。
現実逃避とものづくりがライフワークなのでいっそのこと現実逃避家と名乗ってみたい。



リンク



最近の記事



カテゴリー



ついった



月別アーカイブ



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらSIAMの話
あ、そうそう。
そういえばアクセス解析みたいの覗いてみたら
zeppのSIAMのライブ後たくさんアクセスがあったので
レポが見たいのか?ん?レポがええのんか?と思ったから
今さら書くよ!(おそい)

初のスタンディングのSIAMだったんだけど、整理番号が400番台で
はやかったので、そこそこいい場所まで潜り込んできたよ!
幼なじみがなっちんを堪能したいとの事だったので(笑)
なっちん&一馬側で、っていうか私がいた所一馬ばかりがものすごい見えた。

スピーカー前くらいだから最前ではないけど、それでもすごく近かった。
あのね、みんな近くで見るとすげーかっこいい、あーわわわわわ

青春を駆け抜けた人達があそこまで近くにいるとそりゃもう頭振るよね(笑)
周りも頭振ってたバンギャゾーン(私は元、幼なじみは現役)だったから
心置きなく頭回したよ。そんな三十路だよ。

曲は今回のツアーとだいたい一緒だった。
もっと激しくてもいいのに!三十路と四十路で壊れたかったよ!(どえむ)

一馬に関しては開演前「ビビアン・スー(ガンダムデュエット事件)来ないの?」
とかさんざディスってたくせに目の前で見たらすっげーかっこいいじゃん?
あれあれあれあれこれどうしたもんかこれ…ってなった。
まぁそのガンダムのシングル持ってるんだけどね!

十中八九勘違いだけど、『Dreams』の「あ〜き〜らめ〜な〜い〜♪」部分で
一馬と目が合ってウインクしてくれて私の胸が盛大にキュン!!てした。
思春期みたいに本気でキュン!!てした。
(勘違いだろうが痛かろうがいい思い出として美化しておく)
ほらほら思い出したら幸せになってきた(笑)
この事考えれば女性ホルモン出るぜこれ

とりあえずディスりからの胸キュンの流れで、
やさしくされたら誰でもいいんかおまえは?と
幼なじみからクソビッチ呼ばわりされた。
そんなことないよ!股開くのは婦人科くらいだよ!

あ、あとキュン!としたと言えば、なっちんが客席に
「お飲みなさいな」とばかりに何本も水をやさしく投げてたのが
父性を感じてしまった(笑)
スタンディングの前方真ん中は圧縮祭りだっただろうからね〜。
おとぉおおさぁああああああああん

しかしミュージシャンってやつはライブ中が一番かっこええですよね。
あ、これか。「もてたいからバンドやりました」ってのの効果これか。
でもそれなりに技術とか曲の良さとかが無いと効果無いけどな。

最後、客席との集合写真で私が掲げたタオルもしっかりうつってたよ!
何年か前の武道館のジャガードタオル裏返しで!(笑)
どうせ入らないよ〜とか言いながらあげてたらバッチリ裏返し黄土色★
まぁ本人しか分からないレベル(本人も苦労したレベル)だけれども。

記念の土産になる(笑)ピックもスティックも駄目だったし、
銀テープも他の人がぐいぐいっと持ってってしまったので
結局だめだった〜と思ったら、ライブ終了後「おみやげだよ」
とばかりに私と幼なじみの分の銀テープが2本肩に乗ってた。

出る時はぐれないように私の肩持った幼なじみが「おい!!」て
言ってるから何かと思ったら私の肩にお土産の銀テープが(笑)
お土産ありがとう!

ホールで前の方のチケットとれたことはあるけど
(高校の時おさるの科学のFCライブがあってだな…)
あんなに近いのは初めてだったので、ふわーん!なった。
やっぱりホールよりスタンディングのが楽しいよね。

次は今月の武道館だよ!
それまでやらなきゃいけないことしっかりやらねば。
そしてもう12月なんだなぁ〜
ハタチ過ぎると人生速いって言うけどほんとだよね。
ボーッとしてたらすぐトシとっちゃう。
自分にとって何が大事かとかちゃんと考えないと駄目ですやね〜

20131205.jpg
「ガンダムvsリア充」という言葉が浮かんだ。
♪だ〜れ〜も〜み〜な〜♪

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。